fc2ブログ

英語学習の中の文法

『キッズ英語コース』は、楽しいおけいことして低学年で始める方が多いようです。でも小6で卒業するときは、思わぬ力がついてきています。お子さまにとっては、予期せぬ英語力といってもいいでしょう。カリキュラムを作る私たちにとっては、思惑通りなのですが。

中学に入る前になると、保護者様の中には、「文法は教えてくれないのですか」という質問をされる方がいらっしゃいます。

教える側にとっては、文法を教える方が、4技能をまんべんなくお教えするよりずっとラクです。だから、中学の前倒しと称して、多くの塾で高学年の生徒たちに、文法を教え始めるのです。そうすると、『キッズ英語』を小1からやっているうちの子より、××塾に通っているお友だちの〇子ちゃんの方が、高度なことをやっているのではないかしらと、おうちの方は心配になるのだと思います。

ご安心ください。むしろ、『キッズ英語コース』の方が高度なことをお教えしていると言ってもいいくらいです。
『読む、書く、聞く、話す』(いわゆる4技能)を文法抜きでトータルにレッスンに組み入れています。例えば、『キッズ英語』の上級レベルでは、現在完了や仮定法など実際の英文の中で触れることができ、それを文法の助けなしに、子どもたちはすんなりと理解することができています。これはどんなにすばらしいことか。
このような総合的な英語力の蓄積こそ、英検や高校入試、大学入試、英語を使う職業に必要なことです。

具体的にお話いたしましょう。

小学生の時期に学ぶことが圧倒的に有利なことがあります。

まずは、発音。耳に飛び込んできたままに、それをまねて、躊躇なく発音してみること。
英語独特のリズムを身につけること。棒読みでは、通じません。

次に英文を聴いた順番で、理解できるようになること。この延長上に、長文を前から読んで理解することがあります。

さらに英語を話す人たちの考え方や文化を体得し、日本語との違いを実感すること。

そして恥ずかしがらずに、英語で話せることを体得すること。

これらのことは、大人になってから学ぶより、こども時代のほうがずっと簡単に、楽しく学べます。

例文がいっぱい頭の中にあると、のちに文法を学んだ時に、地に足のついた知識へと変換してくれます。
また、聞いた順に理解するリスニングが、見た順に理解する長文読解へと応用されていきます。

これからのお子さまたちに求められるのは、総合的な英語力です。
文法は単語や熟語と同列と言っていいくらい、長文読解や英作文の助けとなるものです。
文法が英語学習の目標になることは、ありません。文法ができる=英語ができることではありません。

かっての英語テストは、文法だらけでした。
今は、違います。
公立高校入試の出題形式別配点割合は、
 1位 読解 60%
 2位 リスニング 25%
 3位 英作文・・・最近特に重要視されている
 4位 英文法
となっています。入試が英検化していると言われていますが、そのとおりです。

文法そのものを問う問題は、少なくなってきて、読解やリスニングや英作文の前提として文法は学ぶべきだということです。


早いうちに文法攻めをすることは、お子さまの英語に対する興味を失うリスクがあります。また、柔軟な頭脳を持つ子ども時代に一番修得しやすい力を得る代わりに、あとでも学べる文法を優先することはもったいないと言わざるを得ません。

お子さまによっては、自分から文法を習いたいという方もいらっしゃるかもしれません。その時は、ご相談ください。
お子さまにぴったりの方法を一緒に考えましょう。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スクール英和