fc2ブログ

教室間のドアを開放している理由

さいたま市の個別指導塾でクラスターが発生したとの報道がありました。
保護者様は、うちの塾は大丈夫?と心配されたことと思います。

スクール英和では、すでに今年の5月から各教室のドアを開放して授業をしています。理由は2つあります。

1,飛沫より細かいエアロゾルによる感染の可能性があると、報道番組で盛んに注意喚起をし始めたころ、今までの感染症予防対策を強化することにしました。
 これまでも常時換気など空気の流れには注意をしていましたが、具体的には《教室間のドアを開放》することにより、一層換気の効果が出ると思ったからです。
  
  今年の4月まで・・・前回のコロナ対策記事
  今年の5月から・・・教室間のドア開放を加えました

2,生徒たちが授業に集中しているから可能なことです。
  スクール英和の生徒たちは、自分のやるべきことに一生懸命です。
  他のクラスで英語の歌が流れていようが、笑い声が聞こえようが、不思議なくらい集中していて、みんなえらいなあと褒めてあげたくなります。
  そういう生徒たちのおかげで、《教室間ドアの開放》ができるのです。
  

感染状況が落ち着いてきましたら、ドアを元に戻して授業を行うことにします。
それまでご理解とご協力をお願いいたします。

現在のコロナ対策について

安心してお子さまたちが学習できるように、以下のような対策を行っております。

塾では…各教室に換気扇・空気清浄機を配置
      間隔をあけた着席・密を避けた教室配置
      毎日塾内のアルコール消毒をしてお子さまを迎えます
      お子さまの検温をし手指消毒をしてから、学習を開始します
      いつでもオンライン授業に切り替えられるよう日頃から準備をしています

講師は…マスク着用・授業前後の手指消毒
      体調不良の時は、代講(代わりの先生が授業)で行います。

ご家庭にお願い…塾に来る前に検温をお願いいたします
      マスクを着用
      体調不良の時は、ご連絡ください。授業が受けられるようでしたら、オンラインでいつもの授業に参加していただけます。
スクール英和